2017年8月5日(土)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る
[`evernote` not found]
GREE にシェア


TIGER VS 裸絵札 2MAN SHOW

TIGER

 

2007年頃、大阪で結成。現在に至るまで4曲入りEP “ADVANCED DAY” 1st Album “HAZE YOUR RAGGY EARS”を単独作品として自主リリース。1st Albumは発売後SOLD OUTし再発版の自主リリースもし、それもリリース後SOLD OUTとなる。その他いくつかのV.A、SPLIT作品にも参加。結成当初から変わらないスタイルとスタンスでこれまでに韓国、台湾でも海外ツアーを行う。国内では大阪 夏のハードコアフェスである「PDF SUMMER BASH」やアメ村サーキットフェス「STORMY DUDES FESTA」、関東のハードコアフェスである「BLOODAXE FESTIVAL」などにも出演を果たしている。全国各地の大小様々なステージにおいてライブアクトを努める一方で、自主イベント「PLAYGROUND」の定期開催も年間3〜4回のペースで行っておりハードコアオンリーのイベントとして100〜200人の動員を続けている。2017年3月には、待望の2nd AlbumをFurious Recordsよりリリースし、現在もライブ活動を続けながら、自由なスタイルに更に磨きをかけ進化を続けるハードコアバンドである。

裸絵札

2005年、マチコ、神事の2人が大阪で結成。 関西のクラブやライブハウスを中心にLIVE活動を始める。 活動開始直後から過激な楽曲とパフォーマンスが話題になる。 2009年、ファーストアルバム”初期衝動”をリリース。 同時に行われたリリースイベントでは300人を動員し、アルバムは1ヶ月で500枚を完売。 大阪を中心に活躍する3バンド(444CAPSULE.NMDB.SUBLIMINAL ACID)と共に定期イベント”カオティックイラマチオ”を発足主催。 また、活動範囲を大阪東京名古屋に拡大し、数多くのイベントに参加。精力的なライブ活動を続ける。 2011年、セカンドアルバム”非処女”をリリース。 この頃から知名度は日本全国のアンダーグラウンドシーンに浸透し始める。 また、活動拠点を本格的にクラブからライブハウスに移行していく。 2012年、3rdアルバム”孕”をリリース。 初のワンマンLIVEを敢行し400人を動員。同世代の男女を中心に”裸絵札はもはや一つのジャンルだ!”との評価と共に絶大な支持、共感を得る。 2013年8月、初のドイツ ベルリンツアーを行いヨーロッパ進出を果たす。 帰国後 、よりダンサブルなLIVEパフォーマンスへと変貌を遂げる。 2014年、TAKUMI(Gu.)が正式加入。 更に専属P.A.として鬼塚氏を迎え、より独特で爆発的なライブサウンドを重視強化したパフォーマンスを展開する。 2015年、初の台湾ツアーを行い、”WAKEUP FESTIVAL 2015”に出演。他台北、高雄でライブを敢行。 9月にはマチコがイギリスで行われた”London Tattoo Convention”にモデルとして出演を果たす。 2016年夏に通算4枚目となるアルバムをリリース。それに伴い2度目の台湾ツアーを敢行。 ”WAKE UP FESTIVAL 2016”に2年連続で出演。台北ではアルバムリリースパーティーを開催。2017年1月味園ユニバースにてツアーラストLiveを敢行。600人を超える観客を沸かせた。 ダンスミュージック.ノイズ.パンク.ヴァンダリズム.ストリートカルチャーを独自のセンスでトランジションされた裸絵札の楽曲は、その退廃的かつ破壊的なパフォーマンスと共に”唯一無二の存在”として、常に観る者全てに衝撃を与え続けている。

DJ TARACHINE

ADV 2000 DOOR 3000
OPEN/START 19:00

PAGE TOP